ちひろのちりもつもれば

モチベーションを上げてQOL向上をめざすブログ

脱・現金払い

クレカ自体は30年前から持っていましたが、ネット通販での利用が主でリアル店舗ではあまり使ってきませんでした。理由はスキミングが怖かったから。意識が磁気ストライプの時代で止まってたんですよね。家電製品など額が大きいもの=大金を持ち歩かないといけないものだけをクレカ払いにしてました。当然1回払い(今も変わらない)、クレカも1枚きりで増やさない。電子マネーは(鉄道系)Suica を持ち、駅ナカで利用。実際、不便を感じたことはありませんでしたが…。

 

それが今はクレカ3枚、Suicananacoedyを利用へと変わりました。

Paypayはお試し止まりですが、現金払いはぐっと減り、数ヶ月経っての感想は、前の現金払い中心には戻る気はない、です。

 

メリットは使ったお金を可視化できること。万札をくずして千円、二千円と使っているうちにいつのまにかなくなっている感じだったのですが、積もり積もって⚪万円になるのがカード明細だと目に見えてわかります。たまにチェックしてがく然😱…おまえはコレだけ使ったんだよ❗と突きつけられた気分です😅

 買い物するときにポイントを意識し、まめに明細をチェックするようになった結果、ささやかですが口座残高は増えました。

これから必要なのは固定費の見直しかな。