ちひろのちりもつもれば

モチベーションを上げてQOL向上をめざすブログ

平成カウントダウン

平成があと2時間弱で終わる。明日から令和元年だ。

平成が始まったとき、それはつまり昭和が終わったときでもあるけれど、私は当時の同僚と一軒家に住んでいた。今ならシェアハウスって呼ぶかな。

昭和天皇の病状を日々テレビが伝え、イベントがどんどん自粛されていったあのころ。

自粛ムードのお正月が終わり、新年出勤初日だった。朝、ダイニングキッチンでいつも通り出勤前の慌ただしい朝を過ごしていた。

メイクを終えた同僚はテーブルで缶コーヒーを飲んでいた。私はトーストを食べ終えて皿とカップを洗い終えたところだった。テレビがついていた。時計替わりだ。ニュースはあいかわらず昭和天皇の病状を伝えている。「危篤」という言葉も聞こえた。今までも相当重篤だったろうに、いよいよ危篤と表現するか…と思っていたとき、テレビ画面が真っ暗になった。そして。

天皇崩御」の文字。

体育大出の美人の同僚が???という顔をしていたので「ほうぎょ」の意味を教えたら、ものすごく頭のいい人扱いされたっけ。

それぞれ車で出勤して、直属の上司に「明日休みじゃないんですか?」と聞いたら、「ない」と即答された。その後普通に仕事をした。

そうして昭和は終わり、平成が始まったわけだけど、平成は崩御ではなく退位なので自粛もなく明るくハッピーに切り替わろうとしている。

明日から令和、職場にはすでに平成31年を令和元年に直した帳票類が配布され、平成天皇退位の日同様令和天皇即位の日も私は普通に仕事だ。昭和から平成へのあの日と、それは変わっていない。